2022.07.20 天皇杯ラウンド16 【東京ヴェルディvsジュビロ磐田】

非常に暑い日が続いています。

寒いと夏が恋しくなるんでですけど、これだけ暑くなると冬が恋しくなってきます。

 

あついといえば、ヴェルディの今年の天皇杯が熱いです。

3回戦で川崎フロンターレを破り、ラウンド16の相手はジュビロ磐田

2018年のプレーオフの印象が強いですが、よく考えたら去年も一昨年もリーグ戦で戦ってましたね。

ある意味、あのときのリベンジはJ1の磐田を倒してこそかなって思います。

 

www.hirotaka28.com

 

天皇杯仕様の味スタはやはりいつもと雰囲気が違っていて、個人的にはありかなって思っています。

試合前の選手練習時のBGMの曲とか知っている方がいれば教えて欲しいです。

f:id:hirotaka25:20220731201331j:image

基本的にはいつもの景色と変わりませんけどね。

 

f:id:hirotaka25:20220731170425j:image

ジュビロ磐田ゴール裏。

いろいろ思い返してみましたが、ジュビロの試合を生観戦するのって今回が初めてでした。

 

f:id:hirotaka25:20220731170419j:image

先日ポルトガルに旅立ってしまった、新井選手。

試合前の肩リフティングがとても絵になる。


f:id:hirotaka25:20220731170442j:image

東京ヴェルディの円陣。


f:id:hirotaka25:20220731170411j:image

ジュビロ磐田の円陣。

 

磐田のユニホームは鮮やかな水色でかっこいいな、なんて思っていましたが、今回の試合は両チームともホームユニなんですね。

リーグ戦だとどちらかのチームはアウェイユニなので、新鮮な感じがしました。

 

試合はというと、前半はお互いカウンターの打ち合いというか、中盤で奪って一気に攻め込むといった感じ。よく言えばどちらもゴールのチャンスがあり、どちらが勝ってもおかしくない展開。

どうにか先制してくれればという感じ。

 

f:id:hirotaka25:20220731170434j:image

そしてその時がやってきたのは82分。

バスケスバイロン選手が、ペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。


f:id:hirotaka25:20220731170415j:image

キッカーは新井選手。


f:id:hirotaka25:20220731170445j:image

このPKを落ち着いて決めてヴェルディが先制。

 

残り数分を守り抜けば勝てる、はずでしたが、、。

90分+3分 ジュビロ磐田 ジャーメイン良選手の同点ゴールで試合は振り出しに。

そのまま後半が終了し延長戦に突入。

 

f:id:hirotaka25:20220731170408j:image

スタメンで出場し90分間走り続けた河村選手。

今年の新卒選手はみんな活躍していますが、その中でも特に成長を感じる選手の1人です。

後半試合終了と同時に足を攣って交代となってしまいましたが、攻守にとても貢献していました。

 

延長戦も一進一退の攻防といった感じで、どちらに点が入ってもおかしくない展開。

 

このままPK戦かと思われましたが、均衡を破ったにはこの男。


f:id:hirotaka25:20220731170422j:imagef:id:hirotaka25:20220731170453j:image

114分、コーナーキックのこぼれ球を奈良輪選手が拾い、豪快にミドルシュート

相手ディフェンスの間をすり抜けゴール右隅に突き刺さりました。

2018年のプレーオフを知る数少ない選手でもある、奈良輪選手が勝ち越しゴールを奪います。

 

残り数分、なんとしても守り抜きたいところ。


f:id:hirotaka25:20220731170438j:image

鹿島るバスケスバイロン選手。

タッチラインにピタリとボールを乗せてボールキープ。

さすがのキープ力。

 

120分の死闘が終わり、ヴェルディ天皇杯準々決勝へと駒を進めました。

 

「This is 奈良輪マシーン」

数年前コイッチ選手が言った言葉が頭から離れません。

 

もちろん奈良輪選手だけでなく、全員が全力を出し切ったからこその勝利だと思います。こういった試合が観れるのでサッカー観戦はやめれません。


f:id:hirotaka25:20220731170431j:image

笑顔が一番です。


f:id:hirotaka25:20220731170428j:image

名将JFK監督。

 

f:id:hirotaka25:20220731170449j:image

余談ですけど。

今回スタメン出場し、後半で後退した稲見選手。

あまりにムキムキすぎて撮ってしましました。

新卒1年目と思えない完成された肉体に期待しかありません。

 

準々決勝もなんとしても行きたいですね。

 

お疲れ様です。

 


www.youtube.com

2022.07.03 明治安田生命J2リーグ第24節【東京ヴェルディvsFC琉球】

梅雨が明けて暑くなってきたと思ったら、また梅雨が来て、じめじめした日々が続いていると思っていたら、、更新している本日の日中の予想最高気温35℃でとても暑いです。

20数年日本で暮らしていますが未だに慣れません。

 

www.hirotaka28.com

 

前節のジェフ千葉戦では0−3と完敗し迎えた、久々のホームゲーム。

正直この日はDAZN観戦にしようと思っていたのですが、昼間の予定がなくなったので

急遽行くことにしました。

当日料金ですが気にしません。

 

f:id:hirotaka25:20220720155937j:image

毎回楽しみにしている相手チームの弾幕シリーズ

「ベンガラの誇り高き琉球

とてもかっこいいですね。

ベンガラの意味を調べてみたところ、ベンガラは沖縄で伝統的な染料?のことで、このベンガラ色はFC琉球のチームカラーだけでなく、首里城にも使われているそうです。

間違っていたらすいません。(参考:FC琉球ホームページ)

 

fcryukyu.com

 

f:id:hirotaka25:20220720155941j:image

FC琉球の円陣


f:id:hirotaka25:20220720155909j:image

東京ヴェルディの円陣f:id:hirotaka25:20220720155944j:image

試合が動いたのは開始わずか1分。

苦手のスローインを自陣で奪われ一気に押し込まれ失点。

ヴェルディってどの時代もスローインが苦手なイメージがあるんですけど、何がいけないんですかね。

早々の失点でしたが、天皇杯の秋田戦と同じような展開の気がしたので意外とゆったりと見れました。


f:id:hirotaka25:20220720155906j:image

ヴェルディと同時期に監督交代をしたCF琉球。新監督のナチョフェルナンデス監督(あってますよね?)。

ホームゴール裏からでもよくわかるくらい身振り手振りで指示を出していました。

あんまり海外は詳しくないのであれですが、バレンシアやヘタフェなどでヘッドコーチ経験もありかなり優秀な方なのでしょうか。

とても熱い方のように見えたので気になっちゃいました。


f:id:hirotaka25:20220720155921j:image

42分

新井選手のクロスを佐藤凌我選手が頭で合わせてゴール。

 

f:id:hirotaka25:20220720155927j:image

f:id:hirotaka25:20220720155913j:image

83分

またしても新井選手が左サイドカットインからシュート。

ゴールに突き刺さり逆転。

何度か危ないシーンはありましたが、結果的には2−1でヴェルディが勝利しました。

 

f:id:hirotaka25:20220720155930j:image

本日1ゴール1アシストの新井選手と1ゴールの佐藤選手。

この時期、移籍するとかしないとか、いろいろ噂がありますが、これからもヴェルディで活躍してくれることを願っています。

f:id:hirotaka25:20220720155916j:image

試合終了の瞬間。


f:id:hirotaka25:20220720155933j:image

個人的には5月の仙台戦以来の勝利を目にすることができました。(リーグ戦は)

城福ヴェルディになってからの戦績は4戦3勝1敗(7月3日時点)と開幕戦ごろの勢いが戻ってきたように感じました。

リーグ戦はまだまだ続きますが、応援するのみです。

 

お疲れ様でした。

 


www.youtube.com

2022.06.26 明治安田生命J2リーグ第23節 【ジェフユナイテッド市原・千葉VS東京ヴェルディ】

なかなかスムーズに更新するのは難しいですが、時間があるときはなるべく書く時間を作ろう。それくらいのスタンスでやってます。

www.hirotaka28.com

今回の試合は天皇杯川崎戦の興奮冷めやらぬ数日後に行われた明治安田生命J2リーグ第23節「ジェフユナイテッド市原・千葉vs東京ヴェルディ」。

城福監督になりここまで無敗で川崎に勝ったと言うこともあり、なんかもうヴェルディは無敵なんじゃないかと。なんて錯覚しながらスタジアムに向かいました。

サッカーはそんなに甘くありません。

 

この日の最高気温は35℃近くなるとの予報で、自宅を出発した時点(10時頃)で既に汗が止まらなくなるくらい暑かったです。試合開始時間は14時なので選手・サポーターともに厳しいコンディションが予想されます。

 

 

f:id:hirotaka25:20220711124852j:image

12時過ぎごろ到着。

蘇我スポーツ公園内の駐車場に車を止めスタジアムに向かいます。

スタジアムから目と鼻の先にクラブハウスがあります。

f:id:hirotaka25:20220711124731j:image

ここが正面入り口でしょうか。

スタジアムはコンパクトかつシンプルな作りで、大きすぎず小さすぎず、いい意味でちょうどいいスタジアムという印象です。

 

youtu.be

 

f:id:hirotaka25:20220711124727j:image

スタジアムの中はこんな感じ。

さすが専用スタジアム近くてとても見やすく、2階席でもストレスなく観戦することができます。先日行った三ツ沢球技場と比べて、屋根があって、風がよく吹いている分、快適に感じました。

段差に角度があるので上り下りするときはちょっと怖いです。

 

www.hirotaka28.com

 

f:id:hirotaka25:20220711124722j:image

ジェフ千葉の円陣。

f:id:hirotaka25:20220711124734j:image

東京ヴェルディの円陣。

 

f:id:hirotaka25:20220711124716j:image

結果は1−3で負け。

フリーキック×2、PK×1と全てセットプレーからの失点。

流れからの失点はありませんでしたが、終始ディフェンスの裏を狙われ続けていた印象で、まさに悪いときのヴェルディといった感じでしょうか。

 

冒頭でも書きましたが、この日はとても暑かったです。とにかく暑い。

以上。

 

フクアリでしたが、個人的なアクセスの良さ以外は完璧で満足度の高いスタジアムでした。次回はもっと涼しい時期にお邪魔したいです。

 

お疲れ様でした。

 


www.youtube.com

2022.06.22 天皇杯3回戦【川崎フロンターレVS東京ヴェルディ】

 

前回の投稿から2週間くらい空いてしまいました。

hirotaka25.hatenablog.com

ちょうどこの記事書いてたのは、今回の試合前のコメダだったような。

 

あえて言い訳をするなら、最近急に暑くなってきてバテてしまったので、、

って、本当に暑くなりましたよね。

比較的、外出する機会が多い仕事をしているので、1日中汗を流しています。

毎年エアコンはなるべく使わないように粘っているのですが、この試合後くらいからは毎日欠かせません。

 

今回はだいぶ遅くなりましたが、天皇杯3回戦「川崎フロンターレVS東京ヴェルディ」。

最後に等々力競技場に行ったのって、確か2、3年前くらい前のルヴァンカップを見に行ったときなのでそんなに久しぶりって感じではなかった。

 

はずなんですが、さすが等々力迷宮。

武蔵中原駅周辺のコインパーキングに車を止めて徒歩で会場まで向かいましたが、途中で道がわからなくなり、Google先生を頼ることになりました。

あの辺の住宅地って結構くねくねしているので、真っ直ぐ歩いているつもりがどんどん横にそれて行ってしまったりするんですよね。自分が方向音痴なだけかもしれませんが。

次回こそはすんなり行きたいです。

 

 

ちょうど会場に到着したあたりで雨がポツポツと降り始めてきました。

試合終わる頃までには止んでほしいなと思っていましたが、止むことはありませんでした。

平日のナイターですが、お客さんが多く、ケータリングカーも多く出店していて賑わっていました。

f:id:hirotaka25:20220627141900j:image

今回の席は購入すると自動で席が割り振られるタイプで、今回はここから観戦。

まず思ったのは、結構見やすい。

2回席ってのもあって、ピッチ全体が見やすかったです。

特に、音が反響しやすい構造なのか、手拍子や太鼓の音がよく響いていました。

youtu.be

f:id:hirotaka25:20220627141857j:image

メインスタンドはこんな感じ。

数年前に新設されたスタンドで、迫力があってとてもかっこいい。

球技場への改修計画もあるそうなので、今後も楽しみです。f:id:hirotaka25:20220627141910j:image

アウェイの試合ですがリヴェルンがいました。

試合前の先週紹介もホームの試合で使っている物を使用してもらえたりと、アウェイ側の観客にも楽しめる演出がありました。

f:id:hirotaka25:20220627141903j:image

試合はというと、まさかの0−1で勝利!!

まさかって言っちゃうと失礼なんですけど、Jリーグチャンピオン相手に城福新体制のヴェルディのサッカーがどれくらい通用するのか、くらいの気持ちではあったので。

フルメンバーではないとはいえ、川崎相手に先制した1点を守り抜くという展開がここまで失点の多かったヴェルディでは想像つかなかったですね。

f:id:hirotaka25:20220627141913j:image

試合が動いたのは前半39分。

相手ディフェンスのバックパスのミスを拾った佐藤凌我選手の強烈なミドルシュートがゴールに突き刺さり先制。
f:id:hirotaka25:20220627141853j:image

f:id:hirotaka25:20220627141844j:image

ゴールこそありませんでしたが、新井選手のドリブルはこの試合もキレキレでした。

J1チームに見つかってほしくはないですが、活躍はしてほしいです。

f:id:hirotaka25:20220627141907j:image

後半アディショナルタイム

鹿島る宮本選手。(顔が見えないので自信ないですけどあってますよね?)
f:id:hirotaka25:20220627141849j:image

試合終了の瞬間。

小林悠選手、家長選手、脇坂選手と次々と主力が加わってくる中、1点を守りきったヴェルディ川崎フロンターレから勝利し、ラウンド16へと駒を進めました。

f:id:hirotaka25:20220627141846j:image

試合終了後は選手もサポーターもお祭り騒ぎで、まるで優勝したかのような雰囲気でした。

雨は止まず、傘を持っていなかったのでびしょ濡れになりながら車に戻りましたが、気になりません。それくらい、満足感があって興奮できる試合を見たんだから。

 

ラウンド16の相手はジュビロ磐田

昨年のJ2リーグで対戦していますが、どちらも完敗していたような気がします。

川崎に勝った後なので、J1チームでも負ける気がしないというのもありますが、それを抜きにしても今のヴェルディには十分勝つだけの力があると信じています。

 

もちろん現地には行く予定です。

どうせなら行くとこまでいきましょう。

優勝しましよう。

 

お疲れ様でした。

 


www.youtube.com

 

ららぽーと立川立飛に行ってきました。

 

18日の試合は結局仕事の都合が合わず見に行くことはできませんでした。

内容はだいぶ良く、3-0の快勝とのことでしたので、嬉しい気持ちが半分、やっと勝てたかという気持ちが半分って感じです。

解任ブーストがあったとはいえ、あれだけ見に行っても勝てないのに行かなくなった途端にあっさり勝ってしまうと、自分が見に行くと勝てないのかなとか思ってしまいます。

スポーツ観戦あるあるですかね。

 

日付変わって翌日。

東京の立川にある「ららぽーと立川立飛」に行ってきました。

 

 

f:id:hirotaka25:20220620123242p:image

目的は主にこれ。

新井選手、佐藤(凌)選手、小池選手、リヴェルンのパネルがありました。

以前やっていた、歴代ユニホームの展示は気づいたら期間が終わっていて見れなかったので、今回こそはってことで。

 

ところでなぜリヴェルンのパネルは泣いているのものが採用されたのか。

ららぽで迷子になった設定なのでしょうか。

選手が迎えにきてあげたシチュエーションに見えないこともないので、なんか微笑ましくも思えてきます。

 

これだけといえばこれだけですが、こういった商業施設で応援するチームのイベントが開催されるのはいいですね。

オフシーズンなんかは、選手参加のイベントとか開催してもらいたいです。

 

お疲れ様でした。

 

全国スタジアム感想② 【町田GIONスタジアム】

 

パッと思いついたまま忘れかけていたので。

 

1番行くスタジアムは言わずもがな味スタですが、2番目にいくスタジアムといえばここ。

東京都町田市にある天空の城ノピュタこと「町田GIONスタジアム」。

JリーグFC町田ゼルビア」の本拠地。

SC相模原」の本拠地もギオンスタジアム ですが、こちらはカタカナ表記。

同じ会社がネーミングライツを取得しているそうです。

 

アクセスはというと最寄り行きは「鶴川駅」、「町田駅」、「多摩センター駅」の3つですかね。いずれからもかなり離れているため歩くのがしんどい方はバスの利用をおすすめします。利用したことはないですが、各駅から直行のバスが出ているそうです。

スタジアムは「野津田公園」という公園の敷地内にあり、入り口からの坂を登り切った場所にあります。特に、「野津田車庫」というバス停からスタジアムまでの道のりは、印象的で、きつい坂道に森や畑の田舎風景と東京のスタジアムとは思えない光景です。このスタジアムが天空の城と呼ばれる所以なのでしょうか。

多摩モノレール町田駅まで延伸の計画があり、野津田公園周辺にも新駅ができる可能性があるそうなので、完成したらアクセスは格段に良くなりそうですね。

かなり未来の話だと思いますが。

 

f:id:hirotaka25:20220619180617j:image
f:id:hirotaka25:20220619180625j:image
f:id:hirotaka25:20220619180621j:image
写真は「野津田車庫バス停」からの道中の写真。

険しい道のりを歩ききった先にスタジアムがあります。

スタジアム概要

所在地   :東京都町田市野津田2535

収容人数  :15,489人

ホームチームFC町田ゼルビアJリーグ

アクセス  :小田急線「鶴川駅」バス20分

       JR線・小田急線「町田駅」バス40分

       小田急線・京王線多摩センター駅」バス30分

       JR線「淵野辺駅」バス30分

       ※FC町田ゼルビアホームページ参照

 

www.zelvia.co.jp

 

goo.gl

 

 

f:id:hirotaka25:20220619180429j:image
メインスタンドからの眺めはこんな感じ。

高さがあるので前の方でもピッチ全体がよく見えます。

現在、バックスタンドが改修されてメインスタンドのような屋根付きの建物になっていますが、写真は2019年の開幕戦時の写真のためまだ工事中です。

最近は、コロナの影響でビジター席がなかったりと、行く機会がなかったので、今シーズンこそは改修後のスタジアムを見てみたいと思っています。

仕事が入らないことを祈るのみです。

 

f:id:hirotaka25:20220619180425j:image

ゴール裏からの眺めはこんな感じ。

ピッチとフラットな高さになっているので正直見やすさはイマイチです。

しかし、陸上トラックがありますが、あまり遠さは感じなかったです。

写真は確か、2018年最終節の写真だった気がします。

プレーオフ進出を決定付けた林陵平選手のゴールは今でも思い出深いです。

 


www.youtube.com

 

スタジアムまでの道のりも含めて楽しめるスタジアム。

ぜひ足を運んでもらいたいです。

 

お疲れ様でした。

 

hirotaka25.hatenablog.com

 

 

2022.06.12 明治安田生命J2リーグ第21節【東京ヴェルディVSいわてグルージャ盛岡】 

 

J2は21節となり前半戦最後の試合。

 

この日は声出し実証試合とういことで、チーム外の方々からも注目が集まっていたと思います。そんな中チームの状況は直近の12試合でわずか1勝のみという最悪の状況。

最悪の状況ではありましたが、前節の横浜FC戦でなかなかいい試合ができていた分、個人的には期待値が高かったです。

 

hirotaka25.hatenablog.com

 

チケットを買うにあたって声出し席を買うのか買わないのか問題。

自分は声出し席ではないホームゴール裏席を購入しました。

f:id:hirotaka25:20220615182933j:image

いつもと変わらない味スタ。

今日はサポーターの声援があります。f:id:hirotaka25:20220615182939j:image

アウェイチームの横断幕って毎回注目して見ているんですけど、地方チームだとその土地の地域色が出ていて面白いですよね。

宮沢賢治って岩手県出身なんですね。f:id:hirotaka25:20220615182925j:image

円陣は撮り逃してしまいました。

ホームユニが白のチームって珍しいですね。

レアル・マドリードとか海外のクラブはいくつか思い付きますけど。

f:id:hirotaka25:20220615182921j:image

東京ヴェルディ円陣。


f:id:hirotaka25:20220615182915j:image

23分。

久々のオウンゴール選手の得点で先制。f:id:hirotaka25:20220615182930j:image

なにやら退団の噂との記事も出ていたマテウス選手。

久々のメンバー入り。

f:id:hirotaka25:20220615182928j:image

f:id:hirotaka25:20220615182918j:image
f:id:hirotaka25:20220615182936j:image

69分。

カウンターの流れから深澤選手が右足を振り抜きゴール。

勝利を確信した瞬間でした。

ここから85分ごろまでリードを保った状態でしたが、ここからまさかの2失点で引き分け。f:id:hirotaka25:20220615182912j:image

声出し実証試合はブーイングという形で幕を下ろしました。

 

そして翌日。

堀監督の退任と城福監督の就任が発表。

この試合が堀監督の最後の試合となりました。

 

この試合で直近13試合で1勝のみ。

3試合でも先制しながら追いつかれての引き分け。

 

城福監督のサッカーは正直あまりよくわかっていませんが。

実績のある監督ということは間違いないと思うので、次節のホーム山口戦から期待したいと思います。

 

お疲れ様でした。

 


www.youtube.com