年度末の最終営業日、どう切り上げるか。【東京ヴェルディvs京都サンガF.C.】2024シーズン明治安田J1リーグ@味の素スタジアム(Ajinomoto Stadium)

1.はじめに

これがJ1か。

年度末の最終営業日は始業からそわそわしっぱなしで仕方がない。

 

どう考えても残業確定な業務量を定時までにこなさないといけないからだ。

 

17時を過ぎたあたりで、ああキックオフ前はもう無理だなとモチベーションが下がりかける。

 

いやいや、ここでリカバリーパワーを発揮せねばと退勤したのは18時40分。

 

最寄りの駅から新宿に向かい、京王線に乗り換え飛田給を目指す。

 

いつもは快適に感じる特急京王八王子行が今日は緊張感に包まれていた

 

ちょうど最寄駅から電車が出発したころ豊川選手がディフェンスラインをうまく抜け出しヴェルディゴールへシュートを放つ。

 

オフサイドだろ!!」

 

家で観戦していたなら確実に叫んでいたであろうシチュエーションだがここは週末の満員電車だ。

 

気持ちを抑えて観戦を続ける。実際オフサイドだった。

 

ここから押される場面が続き無言のフラストレーションが溜まる。

 

そして迎えた23分。またも豊川選手、スーパーミドルを放ちボールはゴール右隅へ。

 

「すげぇゴラッソ!!」

 

電車は笹塚駅を出発したころだった。

 

そして、京王線屈指の電波弱々スポット「明大前駅」に差し掛かる。

 

スマホDAZN中継はブラックアウトし、何度更新しても試合を見ることができない。

 

「なんでここはいつも電波が悪いんだ!!」

 

どこにぶつけたらいいのかわわからない怒りがこみあげてくる。

 

今思えば◯Uによる手痛い心理的攻撃だったのかもしれない。(それはない)

 

明大前駅を出発して間もなく、DAZNの中継が再開された。

 

スコアに映し出される「0-2」の数字。

 

電車は次の千歳烏山駅に到着した。

 

状況が理解できずスマホ片手に呆然とする自分。

 

止まっている間に失点してたりなんて思っていたらそのまさかだったからである。

 

飛田給駅に着いた頃、ちょうど前半が終わった。

 

正直、状況はかなり最悪であり、その試合会場に向かっているのだ。

 

数分歩いたのち、緑にライトアップされた味スタに到着した。

 

「2-0は危険なスコア」

 

弱気になってはいけないと心の中でつぶやきゲートをくぐるのであった。

 

2.試合について

 

ここからは試合当日の写真を交えながら振り返っていきます。

※途中から参戦のため、後半以降の写真です。

 

 


完全京都ペースだった前半から一変して後半はヴェルディが攻める時間帯も多くありました。

 

78分、途中出場の山見が左サイドで仕掛けると、ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。

 

染野が落ち着いて右隅に蹴り、今季初ゴールで1点を返します。

 

毎試合何かが起こる試合終盤の東京ヴェルディ

 

93分、稲見ロングパスを綱島が後ろに逸らし、フリーでボールを受けた齋藤が中央へ鋭いパス。


上手く反応した染野が合わせて同点。

 


www.youtube.com

 

3.今日の1枚

今季初ゴールとなるPKを決めた後の一枚。

そういえば染野が決めると負けないジンクスがありましたね。

もちろんそんなの関係ないですけど、勝利に貪欲なエースの底力を見た気がしました。

今日をきっかけにどんどんゴールを決めてほしいです。

4.さいごに

年度末の金Jは試合に参戦するためのサラリーマンによる「絶対に負けられない戦い」でもありました。

 

朝から晩まで情緒がジェットコースターなバタバタした一日でした。

試合内容も含めて、、

 

厳しい状況が続きますが、0を1にできた今日の試合は最後にきっと意味のあるものになると信じています。

 

前節の記事でも書きましたが、試合終盤の会場全体でゴールを呼び込むような雰囲気が本当に大好きです。

 

チームが勢いづけば会場が勢いづく、会場が勢いづけばチームも勢いづく。

 

新潟戦、京都戦と今の「ホーム味スタ」にはお互いを勢いづかせるだけの雰囲気と力がある。

    

だからこそ、「ホーム味スタ」でみんなの力で勝利の瞬間を迎えたいです。

 

 

と言いつつ中4日で水曜ナイターのアウェイ湘南ベルマーレ戦があります。

もちろん味スタでなくったってどこでも勝ちたいです。

 

行けなさそうな感じでしたが、なんだかんだあって参戦できそうです。

 

とにかく勝ちたい。

 

勝ちましょう。

 

それでは。

 

良かったら前回の記事も見てってください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.hirotaka28.com

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!!

↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

 

拭い去る、ひだりあし。【東京ヴェルディvsアルビレックス新潟】2024シーズン明治安田J1リーグ@味の素スタジアム(Ajinomoto Stadium)

1.はじめに

70分くらいのファール、PKだと思った人は私だけではないはず。

 

って思ってるんですけど、どうですかね?

 

逆に90分の同点ゴールを見て、昨年のホーム千葉戦の雰囲気を思いましたね。

 

ATは6分あるしなんか逆転できるんじゃないかって感じがしました。

 

ヴェルディの後半の追い上げと会場の盛り上がりは本当に好きです。

 

 

開幕戦から3節まで、いい流れもありつつ、最後は逆転、同点を許し勝ち点を落とすという後味の悪い試合を見ていたので、この試合だけ切り取ればようやく面白い試合が見れたなって思いました。

 

だた、結果は引き分け、順位も1つ落とすという厳しい状況には変わりありません。

 

しかし、今回の試合は今までとは違うJ1で勝ち抜くための底力を見たような気がしました。

 

2.試合について

ここからは試合当日の写真を交えながら振り返っていきます。


www.youtube.com

 

試合はというと、序盤のペナルティーエリア付近で獲得したファールから山田楓喜が決めて先制。木村染野の崩しからおしいシュート、森田の変態ドリブルなど見どころの多い前半でしたが、終盤のコーナーキックから同点に追いつかれます。

 

後半からケガ明けの宮原が途中出場。

勝ち越しを狙いますが、69分谷口のパスミスを拾われ、逆転ゴールを決められます。

 

90分、右サイドから宮原がクロスを入れる。

逆サイドでフリーだった翁長が冷静に左足を振り抜き再び同点に。

 

ようやく開幕戦からの終盤の嫌な流れを断ち切り、前向きに試合を終えることができたのではないでしょうか。

 

3.今日の1枚

注目はなんといっても今季初出場の宮原ですかね。

素人目に見ても攻守に実力を感じることができます。同点ゴールのアシストも本当に素晴らしかった。

 

4.最後に

結果的には悔しい試合になりましたが、ようやくいい流れで試合を終えられたと思います。

 

冒頭にも書きましたが、チームが勢いづく瞬間、応援がより一層盛り上がる瞬間が本当に好きです。

 

最高の雰囲気を作るには、どちらが欠けてもいけないと思います。私たちができることは、選手の頑張り、プレーを全力で応援すること、いいプレーがあったらもっと応援すること、なんですかね。

 

次節もホーム味スタ。

 

年度末な金曜ということでKOまでに向かえるか微妙ですけど、なんとか行こうと思います。

 

緑の味スタで勝ちましょう。

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!! ↓  ↓  ↓  ↓ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

良かったら前回の記事も見てってください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.hirotaka28.com

 

 

 

 

 

 

勝たぬなら、、【セレッソ大阪vs東京ヴェルディ】2024明治安田J1リーグ第3節@ヨドコウ桜スタジアム(YODOKO SUKIRA STADIUM)

1.はじめに

「最後に笑えてればいい」ってのが自分のサッカー観戦のモットーです。

過去の記事でそんな感じの話を何度かしたような気がします。

 

最後っていつ?って言われると難しいですが、

 

直近で言うとヴェルディが昇格したとき、なんですかね。

 

去年のPVの「あの時」みたいな。

私は「たられば」って言ってます。

 

それらを含めて楽しみたいと思っています。

 

すべてが上手くいったほうが面白いのかもしれませんけど、壁とか逆境があってそれを乗り越えたほうがより楽しいと個人的に思います。

 

相手のすべてを受けきって最後に勝つプロレスの美学みたいな。

この例えが的確か自信ないです。

 

今回の試合はヴェルディの次の「最後」に向かっていく過程の一つの「たられば」であり、これらを乗り越えてどう「最後」へ向かっていくのかわくわくします。

 

まあ、悔しい。

 

2.試合について

ここからは試合当日の写真を交えながら振り返っていきます。

例によって時間がないので試合内容は簡潔に。

時間があったら追記します。

 

試合は1-2の負け。
一度は同点に追いつきますが、3試合連続の終盤PK献上で悔しい結果になりました。

 

前半から相手の勢いにおされる場面が多く、42分に香川選手のヘッドで先制されます。

後半は木村の同点ゴールで追いつきますが、65分に稲見が2枚目のイエローで退場。

数的不利の状況を何とか凌いでいましたが、終盤にPKを献上してしまい勝ち越されてしまいます。

 

開幕3試合試合の中では一番力の差を感じた試合だった思います。

ただ、同点後はヴェルディの勢いもあり逆転できそうな雰囲気もありました。

 

「勝てる試合」、「勝ち点を拾える試合」またまた落としてしまった。

 


www.youtube.com

 

3.今日の一枚

あまり暗い話ばかりもあれなので、今日はマスコットの一枚。

大阪万博?のマスコットキャラの「ミャクミャク」様が会場に来ていました。

デザインが発表された当初はいろいろ言われていましたが、実際に会ってみたらとにかく仕草がかわいい!

試合開始前はヴェルディの「緑のハート」に合わせてノリノリに踊っていて、この日めちゃくちゃ好感度が上がりました。

4.最後に

ほんとにあっという間!

次節は約3か月ぶりのホーム味の素スタジアム

去年はあんなに通ったのに少し昔のように感じます。

 

厳しい状況下もしれませんが、目の前の試合を全力で楽しんで全力で応援しましょう。

 

スタジアムを楽しむ。

スタグルを楽しむ

試合を楽しむ。

応援を楽しむ。

結果を楽しむ。

ヴェルディを楽しむ。

 

勝たぬなら、勝つまで楽しみましょう。

 

前回の記事も良かったら見てってください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.hirotaka28.com

 

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!! ↓  ↓  ↓  ↓ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

跳んだ、さいたま。【浦和レッドダイヤモンズvs東京ヴェルディ】2024明治安田J1リーグ第2節@埼玉スタジアム2002(Saitama Stadium 2002)

1.はじめに

あっという間のシーズンが開幕し、早くも第2節。

今季初のアウェイ戦です。

 

待ちに待った埼玉スタジアムについに!!

って言いたいところですが、先週末の始まりは埼スタではなくNACK5スタジアムでした。

f:id:hirotaka25:20240308230739j:image

昨シーズン最終戦ぶり!

土曜日はJ3リーグの大宮アルディージャVSFC岐阜の試合を見に行ってきました。

 

FC岐阜そんなに好きだったっけ?

って感じですが、好きですよ。

西谷くんもいますし。

 

ちょうど浦和戦の前日に試合だったのもあってちょうどよかったですね。

 

試合は惜しくも0-1で敗戦。

今期は何としても上がってきてほしいです。

 

f:id:hirotaka25:20240308230843j:image

大宮に行った勢いで夜は浦和美園の某ホテルに1泊しました。

部屋から外を見ると最高の埼スタビューでした。

 

埼スタに行くのは子供のころからの夢だったのでそれが明日叶うんだなってとても感慨深く感じましたね。

 

 

 

翌朝、チェックアウトしようと支度をしていると隣の部屋からうっすらと浦和の応援歌が聞こえてくる。

 

「アレオー♪ アレオー♪」

 

すでに戦いは始まっているのかもしれません。

こっちも負けじと歌うべきなのか。

そんな勇気もないし、ホテルにも迷惑だし、、

 

なんか朝から少し敗北感を感じながらチェックアウト。

 

このもやもやはスタジアムで晴らせばいいとホテルを後にしました。

 

アウェイ遠征めっちゃ楽しいですね。

 

 

2. 試合について

ここからは試合当日の写真を見ながら振り返っていきます。

といっても今回は応援全振りだったので、ほぼKO前までと試合後のみです。

 

 

ちょっとなんて表現したらわからないのですが、、

とにかく相手に負けないようにがむしゃらに応援するというか、、

去年のプレーオフ決勝のだったり、重要な試合のときに感じる一体感みたいなものをゴール裏エリアの最善列から最後列まで強く感じました。

 

何でしょうかね。

もちろんどの試合も常に全力だと思いますが、チームが勢いずいたときにやってくる会場全体が一体になって応援するあの感じです。

 

直近だとプレーオフ決勝のPK獲得後とか、ホーム千葉戦の2点目が入った後とか。

 

あの感じが1発目の「東京ヴェルディコール」から最後の「勝利のため」までずっと感じられたのが印象的でした。

 

まあ、私自身は普段はゴール裏の中心から少し離れた位置から見ているのあるのかもしれませんが、、

 

とにかく、応援めっちゃ楽しかった!!ってことです、、笑

 

めっちゃ叫んで、めっちゃ跳んだ。

 

試合はというと、マリノス戦と続きJ1の強豪相手に互角かそれ以上の力を発揮する場面もありました。

 

42分、コーナーキックの流れから木村が振り向きざまのボレーシュートで先制。

 

ヴェルディが先制します。

 

終盤まで持ちこたえ何とか勝ち切りたかったのですが、、

 

87分、マリノス戦とほぼ同じ時間帯にPK献上。

 

そのまま同点とされ試合終了。

 

悔しい引き分け。

 


www.youtube.com

3.今日の一枚

今日の一枚は試合終了直後のシーン。

あんまり撮っていないので、ここがってのものはなかったんですけど、試合が終わって少し落ち着いたときに撮った一枚を選びました。

いつもでもこんな気持ちでいるのは良くないと思いますけど、ヴェルディがJ1の舞台で戦っているんだなと嬉しくあり、感慨深くも感じます。

 

次こそは、ヴェルディ歓喜の瞬間を感じたいし、みんなで喜びたいです。

 

4.さいごに

ほんとあっという間に次が来る!

次節もアウェイでセレッソ大阪戦。

 

自分も行く予定です。

ヨドコウです。

例によって当日0時くらいに書いておりますが、5時起き6時出発予定なので寝るかこのまま起きているか悩ましいです。

 

さすがに運転もあるので寝ますけど、ちゃんと起きられるか心配です笑

 

いやあ、ほんと楽しみですね。

 

あこがれるのはやめますけど、楽しむことは全力で!

 

それでは。

 

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!! ↓  ↓  ↓  ↓ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

Finally THE Green has come back to"HOME".【東京ヴェルディvs横浜F•マリノス】2024明治安田J1リーグ第1節@国立競技場(Japan National Stadium )

1.はじめに

ついに、ヴェルディがJ1の舞台にかえってきた。

16年ぶりのJ1、31年ぶりの開幕VSマリノス

かなり注目度の高い試合になっていたのではないでしょうか。

 

プレーオフ決勝の流れで迎えた開幕戦なので、普通に受け入れてましたけど、ヴェルディのホームゲームにスタンドいっぱいのお客さんがいる。去年までなら信じられない光景でしたね。

5万人もの観客が集まった国立競技場でどうしても勝ちたかった。

 

ヴェルディが最後に負けたのって去年8月のホーム岡山戦だったんですね。

久々の負けが、あの劇的な逆転負けとかいろいろメンタルにるよな、、

サポーターが下向いちゃだめだってのはわかってますけど、あの2点目が入った瞬間は頭抱えて城福さんばりにのけぞっちゃいました。

 

悔しい。

 

www.hirotaka28.com

2. 試合について

ここからは、試合当日の写真を交えながら振り返っていきます。

 

 

今回は時間がないので試合の詳細は割愛します。

時間があるときに追記しますね。

 


いやー、本当に悔しい。
結果は、1-2の敗戦。

くしくも31年前と同じスコアとなりました。

 

何度もマリノスゴールに迫り、圧倒していた部分も多かったと思いますが、やはり最期の部分で決定力が足りなかった。

 

正直、両チームに大きな差を感じませんでしたが、最後の最後で勝利を手繰り寄せたのはマリノスでした。

J1で上位に行けるチームはこういった試合で勝ち点を積み重ねていけるチームなんでしょうね。

 

 

 


www.youtube.com

 

 

3.今日の一枚

今日の一枚は山田楓喜。

先制点となる素晴らしいフリーキックを決めました。

右サイドで攻守に貢献し、中原の抜けた穴を埋めるどころかそれ以上の活躍ぶりでした。

次節はどうか、勝利に導いてほしい。

 

なんか、加入当時より髪型が変わってワイルドになりましたよね?

余談ですけど、髭もいい感じに伸ばししてて個人的に好みなビジュアルです。

 

4.さいごに

まじで悔しい。

悔しいから、次もスタジアムに行って応援します。

 

新しいヴェルディってこんなもんじゃないでしょ。

 

次節は、浦和レッズのホーム開幕戦。

 

ヴェルディが来たってことを知らしめてやりたい。

 

 

これを書いているのは試合当日の0時くらいなんです。

早く寝ろって感じなんですけど、このまま開幕戦の記事を書かずにいるのは違うよなって、、

 

いやいや、楽しみすぎて寝れないんですよ。

 

なんかグダグダですいません。

 

それでは。

 

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!! ↓  ↓  ↓  ↓ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

2024シーズン開幕。(明治安田J1リーグ)

プレーオフ決勝が昔のことに思えてきた今日この頃。

体がヴェルディの試合を欲しておかしくなりそうです。

 

明日は待ちに待った開幕戦。

待ちに待ちました。待ちすぎたかもしれません。

 

16年ぶりのJ1としてのヴェルディがついに始まります。

 

しかも31年ぶりの開幕クラシコ

当時はまだ生まれていないので、実際に体験したわけではありませんが、メディアなどでたびたび映し出される映像はとても華やかで、当時の雰囲気がとても伝わってきます。

「あの頃のヴェルディの代表的な試合といえるのではないでしょうか。

 

個人的にヴェルディサポーターとして初めてのJ1なので、どの試合も楽しみでわくわくします。あの、J1のチームと毎週対戦するなんて、、

 

「テーマパークに来たみたいだぜ、テンション上がるなあ~」

 

今シーズンは会場に入ったらポストをしようと思います。

※やりません

 

とにかく、楽しんでヴェルディを全力でサポートしたいと思います。

 

「新しいのヴェルディが来たってことをJ1に知らしめてやりましょう。

 

 

話は変わるんですけど、今年のユニホームは買いましたか?

 

f:id:hirotaka25:20240224234946j:image

 

正直、今のタイミングでは買う予定ではなかったんですけど、なぜか手元にあります。

 

昨日、皆さんのポストでゼビオ調布店にネームなしが数点あるという情報を聞き入れて、たまたま府中で予定があったので、あったら少し考えてみようかなと来店。

 

あれって、画像だと緑が薄く見えないですかね?

 

新宿の京王デーパートにあるやつとか2016年ユニかってくらい薄く見えたんですよ。

 

でも、実際に手に持ってみたら濃い!!

 

これぞヴェルディグリーン。

 

間近で見るととて質感がよくさわり心地もいい!

 

見れば見るほど惹かれていく。

 

気づいたらレジに持って行ってました。

 

どうせ買うなら先行販売のときに予約しておけよって話なんですけど、、

 

明日の開幕戦は、新ユニを纏ってスタジアムに行けそうです。

 

もしも自分のようにユニを買おうか迷っている方がいたら、実物を見て触ってみてください。購入不可避です。

 

ここだけの話、今年のユニは31年に1度の仕上がりです(〇ジョレー・ヌーヴォー並みの感想)。

 

緑の勇者よさあ行こうぜ!

 


www.youtube.com

 

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!! ↓  ↓  ↓  ↓ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

 

 

ヴェルディが昇格した日。【東京ヴェルディvs清水エスパルス】2023シーズンJ1昇格プレーオフ決勝@国立競技場(Japan National Stadium)

1.はじめに

2023年12月2日。

東京ヴェルディはJ1昇格プレーオフを制し、16年ぶりのJ1へと返り咲いた。

 

翌日以降、ヴェルディを応援していると知っている友達や会社の同僚など、いろいろな方に「おめでとう」とか「よかったね」と声を掛けていただきました。

 

もちろん嬉しいのですが、少しもやもやする気持ちもありました。

 

あの日の感動というか気持ちというか、ヴェルディがいかに2023シーズンを戦い、「国立」という場に辿り着き、J1への切符を勝ち取ったのか。

 

いざ言葉にしてみようと思っても上手い言葉が見つからないんですよね。

 

ヴェルディに興味のない人からしてみれば「おめでとう」、「ありがとう」で十分なんでしょうけど。

 

ここからは言い訳になりますが、、

 

応援し続けたヴェルディが悲願の昇格を果たし、声を枯らしながら誰ともわからない仲間と共に喜びあった「あの日」を綴ってやろうと机に向かいましたが、全く筆が進まない。

 

今まで散々、書いてきたのに。

書けなかったんですよね。

 

なんか自信がなくなったというか、ブログ自体書くモチベーションがなくなっていました。

 

本当にバカバカしいです。

でも、それくらい思いがあって、それが表現できないことにネガティブになっていました。

 

「昇格うれしい」、「来シーズン楽しみだな」

 

これくらいで十分ですよね。

 

なんか個人的なつまらない話をダラダラとしていまい申し訳ございません。

ブラウザバックせずに写真だけでも見ていってくれると嬉しいです。

 

それにしても本当におもしろくて劇的な試合でした。

 

2.試合について

 

ここからは試合当日の写真を交えながら振り返っていきます。

 

 

前半はほぼ清水ペースの印象でした。

清水の強力な攻撃陣に対して、ヴェルディがなんとか凌ぎ切るといった感じ。

後半になるとヴェルディの攻撃回数も増え、シュートを放つ機会もありました。

 

そんな矢先迎えた63分。

自陣ペナルティーエリア内でボールが森田の手に当たってしまいこれがハンドの判定になり、PK。チアゴサンタナが冷静に決め先制を許します。

 

引き分けでも昇格でしたが、一点を追う状況に。

 

終盤は何度も清水ゴールにシュートを放ちますが決まらず、90分が終了しアディショナルタイムへ。

 

このまま試合終了かと思われた94分。

ヴェルディにチャンスが訪れます。

 

ディフェンスラインの裏へ抜け出しペナルティーエリア内までボールを運んだ染野が倒され、PKを獲得。

 

止まりかけた時計が動き出すように、会場のボルテージが一気に最高潮となります。

 

決めればJ1昇格。

 

決めた。

 

ここから試合終了まではほとんど記憶がないのですが、ひたすら「エンターテイナー」を歌って、「終われー」とか「鹿◯れ!」と言ってたような気がします。

 

正直、どんなに動画とか記事を見たってあの時のあの感情は伝わらないんじゃないですかね。

 

とにかくすごかった。

人生で1番と言っても過言ではないくらいの熱狂がそこにはありました。

 


www.youtube.com

 

 

3.今日の一枚

今日の一枚は、バックスタンドにいた友達が撮ってくれていた写真です。

どのシーンも印象的すぎて、1枚を選ぶのは難しいですが、選手入場前のコレオがとくに印象的でした。

 

私はゴール裏左側の真ん中あたりにいたので、ゴール裏側のコレオがどうなっていたのか見えていませんでしたが、選手が入場し終わったあと、ゴール裏のビジョンに写真のような形で映し出されたんですよね。

 

ヴェルディは決して観客動員の多いチームではないし、土日開催でも3千人台いくかいかないとかそんな試合も見てきました。

 

今シーズ序盤だって集客試合以外はそれほど多い印象もありませんでした。

 

とくにホーム山口戦からこの試合までの流れというか、着実に昇格まで迫り、それに連れて観客も増えていき迎えた最終戦

 

ビジョンを見た瞬間目に入った、緑と白に染まったスタンド、中央のエンブレム。

 

この時点で少し泣いていました。

 

4.さいごに

2023シーズンを振り返ると

 

「本当にたのしかった」

 

この一言に尽きます。

 

これまでもこれからも様々なシーズンがあると思いますが、このシーズンだけは本当に「特別」といいきれるくらい、思い出深いシーズンでした。

 

気づいたらもう2024シーズン開幕まで1ヶ月を切っています。

 

あの時はまだ実感がなかったけど、新体制が発表されて、日程も決まり、いよいよJ1のヴェルディが始まるんだなという感じがしてきました。

 

ヴェルディが昇格したら行きたいななんて思っていたアウェイもたくさんあります。

 

お財布と相談しながら予定を組むのが楽しいですね。

 

楽なシーズンではないのはもちろんですし、苦しいシーズンになる可能性の方が高いと思います。

 

とにかく勝利を信じて応援します。

 

昇格おめでとう!

感動をありがとう!

これからもずっとついて行きます!

 

俺のヴェルディ愛してる。

 

それでは。

 

プレーオフ準決勝の記事はこちら ↓ ↓ ↓ 

www.hirotaka28.com

 

 

ブログランキングに参加しています。 よかったらポチってください!! ↓  ↓  ↓  ↓ にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村